総合トップ心理学講座新着記事20世紀の出来事ECCビジネススクール

 

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

会社の面接と筆記試験

企業が履歴書だけではわからない、人材の基礎的な能力を見極めるために行われるのが筆記試験です。
適正試験や一般常識試験などを行う企業が多くあります。
企業が採用の合否を決める上で重視するポイントになります。
きちんとした対策をたてて筆記試験に臨みましょう。
筆記試験には、一般常識試験、能力適正試験、性格適正試験、専門試験などがあります。

筆記試験の完全攻略2010年度版(日経就職シリーズ)

筆記試験の完全攻略2010年度版(日経就職シリーズ)

  • 作者: 内定ロボット
  • 出版社/メーカー: 日経HR
  • 発売日: 2008/09/22
  • メディア: 大型本




【PR】人材紹介会社に一括登録

一般常識試験は、時事問題や教養、論文などがあります。
市販の就職問題集などで勉強しておきましょう。
例えば、漢字の読み書き、反対語、小説の作者。
社会では歴史上大事件、三権分立についてなどの基本的な知識です。
日頃から社会情勢にきちんと興味を持っているかチェックされます。
新聞をきちんと読みニュースやコラムなどをみておきましょう。
論文については、まとめるだけではなく必ず自分の意見を書きましょう。
能力適正試験は、新しい職場での新しい仕事への適応能力をみます。
知覚力、応用力、理解力、推理力、知識力、問題解決能力などをチェックされます。
市販の公務員試験の問題集の文章理解、判断推理、数的推理、空間把握を勉強しましょう。

性格適正試験は、責任感や協調性、誠実さ、創造性など人間性をみられます。
落ち着いてゆっくりとした話し方で、自分の気持ちを素直に答えましょう。
回答に一貫性を持たせるように注意しましょう。

専門性の必要な仕事の場合は、専門試験があります。
例えば、語学や翻訳テスト、プログラミングテストなど専門知識があるかみるものです。
【PR】転職エージェントに一括登録
posted by 心理学 転職マニュアル 記録の細道 at 18:16 | Comment(0) | 転職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。