総合トップ心理学講座新着記事20世紀の出来事ECCビジネススクール

 

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

退職

FP通信講座

退職
心理学講座 転職マニュアル

転職を決めたら、成功のためにはじめに円満退社を心がけましょう。
退職の意思は遅くとも1ヶ月前までには会社に伝えましょう。
2〜3ヶ月前だとよりベストです。
年度末や会社の繁忙期は避けましょう。
退職日もできればこちらから一方的に指定するのではなく、上司と相談して決めるのが望ましいです。
スムーズに引継ぎを行い、トラブルなく退社できることに全力を注ぎましょう。
伝える方法としては、直属の上司に口頭で伝えましょう。
一緒に仕事をしている主任、課長などにも伝えておくとカドが立たないでしょう。
退職の理由としては、あくまで個人的なことにします。
実際、職場風土や人間関係、仕事内容について不満があったとしてもグッとこらえます。
個人的で前向きな理由、例えば「やりたいことがある」「田舎に帰る」などです。
転職先が決まっている場合も、決して転職のことは口にしてはいけません。

知らないとソンをする 退職・転職 秘 マニュアル

その後、退職届を書類として提出します。
退職までのスケジュールをきちんと立てて、完璧に引継ぎを行いましょう。
退職時に会社に返却するものとしては、健康保険証、社章、社員証明書、名刺などです。
退職時に会社から受け取るものとしては、離職票、雇用保険被保険者証、年金手帳、源泉徴収表などです。
離職票は会社を辞めたことを証明する書類で、失業保険を受け取る際などに必要となります。
ただしすでに転職先が決まっている場合は不要となります。
雇用保険被保険者証は雇用保険に入っていたことを示す書類で、新しい会社に提出するので必要です。
源泉徴収表は年末調整の際に必要です。その時期までに郵送してもらうようにしましょう。

退職のトリセツ―いちばん得する会社の辞め方




posted by 心理学 転職マニュアル 記録の細道 at 09:58 | Comment(0) | 転職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。