総合トップ心理学講座新着記事20世紀の出来事ECCビジネススクール

 

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

貿易業務の情報処理

貿易業務の情報処理
心理学講座 転職マニュアル

「NACCS」という貿易用語があります。
NACCSとは日本の用語で言い換えると「通関情報処理システム」と言います。
ちなみに英語表記ですと正式にはNippon Automated Cargo Clearance Systemと書きます。
先ほど通関について少し触れましたが、このNACCSは貿易用語の中にある通関用語の一つです。
電算処理システムなので、国際貨物に関する業務や情報をすばやく処理するシステムのようです。
貿易業務には色々なものが関わってきます。
取引先銀行、税関、通関業者などです。
NACCSセンターと呼ばれる中心角と貿易に関わる銀行や税関などとリンクさせることによって情報を収集かつ迅速に処理をすることによって業務を行っているのですから、まさにNACCSは重要なお仕事をしていると言えるでしょう。
これが無かったら貿易業務がうまく回らないといっても過言ではないかもしれませんね。
色々な国が色々な国と貿易業務を日々行っています。
貿易業務があるからこそ、他国の情報をキャッチすることができるのですし、他国の文化を取り入れることができるのです。ですから、貿易というのは身近でない分あまりピンとこないかもしれませんが、実は貿易あっての食生活や、文化であるのかもしれませんよね。
そうなると非常に大切ですよね。
身近に貿易を感じるためには個人輸入を経験してみる、貿易について漠然としていたものを調べて深く知ってみるなどよいかもしれません。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 心理学 転職マニュアル 記録の細道 at 14:20 | Comment(0) | 就職転職関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。