総合トップ心理学講座新着記事20世紀の出来事ECCビジネススクール

 

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

一見似ている貿易用語

心理学講座 転職マニュアル 貿易用語
一見似ている貿易用語

中継貿易という用語と一見似た用語があります。それは仲介貿易という貿易形態です。
仲介貿易は中継貿易と内容が若干違います。どのようなことを仲介貿易というのでしょうか。
まずAという国があるとします。つぎにBという国があるとします。
AからBへ輸出する再の取引をAとB意外の国、つまりはCという国がAとBとの仲介役を務めるわけです。
ややこしい話で一見わかりづらいのですが、例えばの話。
アメリカが日本に輸出するという取引について、アメリカでもなく日本でもない国がアメリカと日本間の仲介をするのです。実際のところはアメリカと日本は直接輸入と輸出が現在はできる関係でありますが、ここで言うのは例としてあげさせていただきます。仲介した国はアメリカと買いの契約を結びます。
一方日本とは売りの契約をします。
そこで日本からはお金をもらい、アメリカへはお金を支払うのですが、差額を仲介手数料として仲介した国がもらうというしくみです。どうですか?ちょっと難しい話ですね。
仲介貿易には仲介貿易取引規制というのがありますが、規制の対象となっている取引は相互間の貨物の移動を伴う売買が規制の対象となっているようです。
また、ここで貨物という言葉がでてきますが、対象になっている貨物は輸出貿易管理令別表というものの中で指定されているものが対象となっているようです。
仲介貿易の内容は勉強していない人にとっては難しいですが、中継貿易との違いを把握したほうが良いと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 海外旅行の長期の保険春旅行 海外旅行前と後の注意春旅行 海外旅行の感染症予防

posted by 心理学 転職マニュアル 記録の細道 at 11:06 | Comment(0) | 就職転職関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。