総合トップ心理学講座新着記事20世紀の出来事ECCビジネススクール

 

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

貿易取引条件(1)

心理学講座 転職マニュアル 貿易用語
貿易取引条件(1)

インターコムズは更新され、現在はインターコムズ2000というのが最近のものだそうです。
インターコムズ2000には13の貿易条件があるそうです。
インターコムズの中に出てくる用語は英語になっており、用語が略されています。
では貿易に必要であるインターコムズの13の内容を少し紹介していきたいと思います。
まずは「CIF」という用語があります。CIFは略語になっており、正式にはCost, Insurance and Freightと書きます。
CIFは運賃・保険料込み条件をいい、取引条件の中の一つとされているものだそうです。
かんたんに説明しますと輸出する側が運賃を負担し、荷揚げからは輸入者が負担をするという内容の契約だそうです。
荷揚げ以降に発生する費用というのは、関税や、通関手数料があるそうですが、その費用は輸入側が負担する、ということだそうです。
では次に同じCから始まる用語として、運賃込み条件の意味を示す「CFR」という用語があります。
正式にはCost and Freightと書きます。CFRとはCIFと同じでやはり取引条件の中の一つになっています。
CFRは輸出側が荷揚までの海上運賃を負担することになっています。
ですが、海上保険料は輸入側が負担する、というかたちになっています。
CFRはインターコムズが現在のものに改定される前までは他に呼び方があったそうで、「C&F」と呼ばれていたそうです。
現在もその名残でC&Fと呼ぶことはあるそうです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FX取引 用語 クロス取引FX取引 用語 機会損失FX取引 用語 先物取引


posted by 心理学 転職マニュアル 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 就職転職関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームヘルパーの仕事

心理学講座 転職マニュアル 介護資格取得
ホームヘルパーの仕事

ホームヘルパー介護資格取得は、子育てが一段落した主婦などに経験を活かせる仕事として人気があります。
ホームヘルパーは、家庭を訪問し、高齢者や身体障害者などの身の回りの世話や、家事などの生活援助を行う人です。
ホームヘルパーの仕事には大きく分けて、食事、入浴、排泄、着替えなどの身体介護と、調理、掃除、洗濯、買い物、ゴミ出しなどの生活援助があります。
ホームヘルパーの仕事は、上のような身体介護や生活援助を通じて、高齢者などの自立した生活を支えることです。
ホームヘルパーの1回の訪問は1人につき約2時間で、週2回程度の訪問ですが、介護を受ける人の状態などのよって訪問回数などは異なります。
そして、介護を受ける人の状況によって、身体介護が中心になる場合や、生活援助を中心に行うなど、利用者の必要に応じた仕事が求められます。
時間が限られているので、その時間内に必要な仕事を段取りよくこなす必要があります。
利用者の家庭での仕事となるので、利用者との信頼関係を築くことが大切であり、利用者の身体の状態をよく把握し、体調が悪い場合などすぐに連絡を取れるよう心がけておかねばなりません。
現在は、日中の訪問だけでなく、夜間にホームヘルパーが家庭を訪問する巡回型の訪問介護も実施されており、緊急時の対応もできるようになっています。
ホームヘルパーは研修のみで介護資格取得ができますが、利用者との信頼を築くことができる、健康で明るく、責任感が強い人が求められています。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 医療費メタボリック症候群 食事バランスガイド メタボリック症候群 睡眠不足

posted by 心理学 転職マニュアル 記録の細道 at 09:37 | Comment(0) | 就職転職関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一見似ている貿易用語

心理学講座 転職マニュアル 貿易用語
一見似ている貿易用語

中継貿易という用語と一見似た用語があります。それは仲介貿易という貿易形態です。
仲介貿易は中継貿易と内容が若干違います。どのようなことを仲介貿易というのでしょうか。
まずAという国があるとします。つぎにBという国があるとします。
AからBへ輸出する再の取引をAとB意外の国、つまりはCという国がAとBとの仲介役を務めるわけです。
ややこしい話で一見わかりづらいのですが、例えばの話。
アメリカが日本に輸出するという取引について、アメリカでもなく日本でもない国がアメリカと日本間の仲介をするのです。実際のところはアメリカと日本は直接輸入と輸出が現在はできる関係でありますが、ここで言うのは例としてあげさせていただきます。仲介した国はアメリカと買いの契約を結びます。
一方日本とは売りの契約をします。
そこで日本からはお金をもらい、アメリカへはお金を支払うのですが、差額を仲介手数料として仲介した国がもらうというしくみです。どうですか?ちょっと難しい話ですね。
仲介貿易には仲介貿易取引規制というのがありますが、規制の対象となっている取引は相互間の貨物の移動を伴う売買が規制の対象となっているようです。
また、ここで貨物という言葉がでてきますが、対象になっている貨物は輸出貿易管理令別表というものの中で指定されているものが対象となっているようです。
仲介貿易の内容は勉強していない人にとっては難しいですが、中継貿易との違いを把握したほうが良いと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 海外旅行の長期の保険春旅行 海外旅行前と後の注意春旅行 海外旅行の感染症予防

posted by 心理学 転職マニュアル 記録の細道 at 11:06 | Comment(0) | 就職転職関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

求人広告を見る時の注意点

心理学講座 転職マニュアル リストラ対策
求人広告を見る時の注意点

自分がまさかのリストラにあってしまった、さあ明日からの生活に困った。そんな時にとりあえず何か仕事に就きたい、と求人広告や求人情報誌に目を通すでしょう。
ここでは、そんな求人広告にざっと目を通しただけで応募、採用されて「こんなはずじゃなかった」と失敗しないための対策として、求人広告の見方について少し注意したい点をお話します。
求人広告はスペースに限りがあるため、すべての情報を詳細まで掲載することはできません。
だからと言って、載っていない情報を自分で勝手に想像するのではなく、読み取れる情報はすべて読み取り、詳細は面接時に必ず質問する必要があります。
面接対策として、広告に載っている情報をよく読んで、説明を求めたい内容をチェックしておきましょう。

●職種
スペースが限られた広告では詳しい業務内容が記されていることはあまりなく、「営業」とだけある広告がほとんどです。
ほかにカタカナで記された職種など、仕事内容の実態がわかりづらい場合でも、業務内容について電話で詳細を問い合わせましょう。
●応募資格
特に年齢については目安と考えてよい場合もあり、多少のオーバーはキャリアや熱意を伝えることでカバーすることもできます。
●勤務時間
残業について明記してある会社は少ないようですが、面接時に残業の有無、あるとすれば時間的にどれくらいなのかを尋ねるとよいでしょう。
しかし仕事に対して消極的であるという印象を与えないように、さりげなく尋ねることが大切です。
●待遇・給与
社会保険完備ならまず安心です。
給与に関しては、不思議なほど高額であったり逆にびっくりするほど低額である会社もありません。
あまりに高額な給与を示している場合には、ノルマや長すぎる労働時間、あるいは犯罪ぎりぎりなどというそれなりの理由があるかもしれません。
リストラというあまりにショックな出来事に、我を忘れてとんでもない仕事に就いてしまわないよう、仕事探しは慎重に、かつ迅速に行ないましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 心理学 転職マニュアル 記録の細道 at 11:51 | Comment(0) | 転職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職は事前の準備が大事

転職マニュアル 心理学
転職は事前の準備が大事

転職活動をするにあたり、まずは自分の考えをまとめておくことが重要です。
自分がどのような仕事をしたいのか、しっかりとした考えを持つ。
そうしなければその場の状況に流されてしまうからです。

自分がどんな仕事をしたいのか。
そこから自分がどのような業種、会社に入りたいかを探すことになります。
何を、どんな風に、どんな経験を活かして、どうしていきたいのか。
じっくり考えて言葉にしてみましょう。
なぜ転職したいのかも重要なことです。
「他にやりたいことがあるから」「今の仕事は休みがなくきついから」「給料が安いから」などいろんな理由をみなさん抱えています。
その理由も条件のひとつとなります。
また同じ不満を持つような会社に就職しても仕方がないからです。
実際に紙などに書いてみると考えがまとまりやすいかもしれません。
その際に、今までのキャリアや資格などをまとめておくのもいいでしょう。
自らのセールスポイントとなります。

自分の考え、希望がまとまったら、知人に話してみるのもいいでしょう。
客観的な意見が聞け、改めて自分の考えもまとめられるからです。
周囲の転職経験者に話を聞いてみるのもいいでしょう。
思いもよらない苦労話や実際の企業の面談の様子や条件、雰囲気などもわかるからです。
転職活動期間としては、長くて半年くらいがいいと思います。
通常、活動し始めてから3〜4ヶ月で就職する人が多いです。
長くても半年くらいで終了しないと、だらだらと長引いて転職する気力も薄くなってしまいます。
しかし大事なことは早まった転職はしないことです。
失敗しない大事な職選びのポイントです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 心理学 転職マニュアル 記録の細道 at 05:47 | Comment(0) | 転職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感覚心理学

就職転職 資格 起業SOHO【仕事の細道】
http://shigotono-hosomichi.seesaa.net/
ビジネスマナーの重要性


02-060829-01.jpg
心理学を学ぼう:感覚心理学
【記事の詳細】


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






posted by 心理学 転職マニュアル 記録の細道 at 10:28 | Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生理心理学

就職転職 資格 起業SOHO【仕事の細道】
http://shigotono-hosomichi.seesaa.net/
救急救命士 求人と給料


中古車.jpg
心理学を学ぼう「生理心理学」
【記事詳細】




posted by 心理学 転職マニュアル 記録の細道 at 10:03 | Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。